通達やマニュアルまで全てClipLineで

養老乃瀧株式会社 営業推進部 マネージャー
戸塚淳一郎様

課題
店舗でのOJT機会の不足/外国人従業員の教育
効果
現場のリアルな状況把握の実現

居酒屋業界大手として、国内に500店舗以上を展開する養老乃瀧グループ。60年の歴史をもつ人気居酒屋業態「養老乃瀧」を筆頭に、海鮮居酒屋「だんまや水産」、ちょい呑みニーズに答えた低価格がウリの「一件め酒場」など、幅広い層に訴求する多様な業態が特長。2015年4月より都内店舗でClipLineを導入し、2016年12月現在、グループ直営全店舗でClipLineを導入中。

これまでは限られたスタッフの育成しかできなかった

Q:ClipLineを導入する以前に抱えていた課題を教えてください

どうしても、営業推進部という限られたメンバーで教育を行っていきますので、直接店舗へ出向くと、限られたスタッフの教育しかできないという課題がありました。特に、今非常に増えている外国人スタッフへの教育ですけれども、やはり言葉だとか文字ではなかなか伝えにくいというのが課題です。以前の教育の仕方としては、営業推進部11名のスタッフが、全国84店舗の直営店に足を運んで教育をするような状況でした。

スタッフ同士がレポートの共有を通じて何かを感じあう環境を

Q: ClipLine活用を通じて感じていることを教えてください

スタッフ同士のレポートをお互いが共有することによって、何かを感じあい、楽しく学ぶ環境を作れればとても良いと思っています。レポートを確認することによって、実は、スタッフの「こういうところが分からない」だとか、意外な発見だとか、感じ方とかが色々あったのも、私自身、非常に勉強になりました。特に、地方に回った時など、「ClipLineの戸塚さんだ」ということで、スタッフから声かけ頂けるので、非常に私自身のOJTもやりやすくなっているのも確かです。

通達やマニュアルまで全てを動画に

Q: ClipLineを活用して実現したいことを教えてください

会社からの通達の徹底を動画化すること、そして、マニュアルをすべて動画化することをまず行おうと思っています。

養老乃瀧株式会社

事例一覧へ戻る

ClipLineについて詳しく知りたい方はこちら

資料請求・お問い合わせ