ClipLineの特長

利用目的に応じて、伝えたい内容を表現する「クリップ」や「ToDo」、ユーザー個別に最適な利用体験を提供するための仕組みとして「階層構造」や「役割・レベル」があります

クリップ

店舗運営・サービス提供を行うために必要な「知識」、「技術」や「本部と店舗間で共有したい情報」をクリップとして表現します

クリップ作成・更新が簡単

  • 動画だけでなく、写真やPDF(既存のマニュアル等のデータ)も活用できます
  • 目的や用途ごとにカテゴリを設け、使いやすく分類・管理できます
  • 業務内容の一部変更時には、該当箇所のクリップだけを差し替えればOK

スキマ時間に必要なクリップだけ利用

  • 1クリップあたりの時間が短いため、スキマ時間で見れます
  • 動作、作業のポイント・コツ毎のクリップで分かりやすく伝えられます
  • 作業前・作業中に見たい内容だけを選んで利用できます

ToDo

店舗で実施してほしいことをToDoとして作成、共有することができます

複数のクリップを組み合わせてToDoを簡単作成・共有!

  • 目的に合わせたToDo(以下は例)を作成・共有できます
    • スタッフ教育のカリキュラム
    • 通達(指示、連絡、実施依頼)
    • 店舗管理業務(日次、週次、月次)
    • 事例やノウハウの共有依頼

ToDo完了に必要なアクションの設定が可能!

  • ToDo完了に必要なアクション(以下)を1つ以上、または複数組み合わせて設定することができます
    • 見る
    • 撮影
    • 比べる
    • レビュー

階層構造

企業内に実在するブランド・店舗の管理単位や情報共有のルールを合わせた階層構造(サービス、エリア、店舗)をClipLine上に設けることができます。

組織内での情報共有を最適化!

  • 階層を活用することにより、サービス(ブランド)、エリア、店舗毎に情報共有を最適化できます
    • クリップ・ToDo共有範囲を詳細にコントロール可能
    • レポートの共有範囲を詳細にコントロール可能

共有範囲を詳細に設定可能

  • クリップ・ToDo・レポート(店舗からの報告、ノウハウ・事例)の共有範囲を実際の組織内での情報の開示範囲に合わせて、詳細にコントロールすることができます

役割・レベル

ClipLineで利用するアカウントには役割・レベルを設けることができます

役割・レベルに合わせた内容が共有可能!

  • アカウントそれぞれに設定された役割・レベルに合わせて。共有するクリップ・Todoの内容・数をコントロールすることができます。

役割・レベル毎に共有内容をコントロール

  • アカウントそれぞれに設定された役割・レベルに合わせて、共有するクリップ・ToDoの内容・数をコントロールすることができます。

ClipLineについて詳しく知りたい方はこちら

資料請求・お問い合わせ